医療機器・病院設備機器の開発・販売業務および開業支援

株式会社エムエムアンドニーク

UNIEVER注射針・注射筒

UNIEVER注射針Ⅰディスポーザブル低侵襲マイクロ注射針(3本針)

痛みが少なく、簡便に穿刺が可能な低侵襲マイクロ注射針

3本の極細針で構成されているマイクロ注射針は、施術者のスキルによるバラつきを防ぎ、 安全に穿刺をすることが可能です。

3本針のメリット

低侵襲マイクロ注射針は3本の極細針を正面から見て円周上に等間隔で配列しているため、注入する薬液を広範囲に拡散することができ、穿刺回数を減らすことが可能です。また、3本の極細針が全て外側に向いているため、注入された薬液は一度中央に集まり広がっていきます。広範囲に安定した注入がされるため、薬液が効率的に作用することが可能です。また、垂直穿刺が可能な為、施術者による穿刺深度のバラつきを防ぐことができます。

流動抵抗値の低減

低侵襲マイクロ注射針は3本の極細針で構成されているため、1本の注射針に比べて薬液を注入する際の抵抗値(流動抵抗値)が低くなります。粘度が高い薬液を投与する場合でも、つまりを起こすことなく、施術者の負担を低減して、施術者のスムーズな穿刺が可能となり、患者に対するQOLを向上することが可能です。

各部名称及び略図

標準提供サイズ

UNIEVER注射針Ⅱディスポーザブル低侵襲マイクロ注射針(1本針)

痛みが少なく、患者様の負担が軽いマイクロニードル

低侵襲マイクロ注射針(1本針)は極細の針で構成されています。 用途に合わせて針の太さ、長さを選ぶことが可能です。

痛みの低減

痛みを低減する為に必要なことは針の細さになります。 一般に成人の皮膚表面には、1mm2の範囲に10~20個の痛点が分布しており、痛点を避けて穿刺することで痛みの感覚を低減することができます。ユニシスの低侵襲マイクロ注射針は31G、34Gと非常に細い為、痛点にあたる確率を減らして穿刺することが可能となります。また、皮膚内面にある細い毛細血管を避けて穿刺することが可能な ため、一般的な針に比べ、内出血を起こしにくくなります。

穿刺抵抗値の低減

針先端は切れ味のよいランセットポイントを採用しております。また、マイクロ注射針は一般的な針に比べ非常に細い為、穿刺抵抗 値が低く、患者様の痛みを低減することができます。

各部名称及び略図

標準提供サイズ

UNIEVER注射筒ディスポーザブルシリンジ(ローデッドスペースタイプ)

外筒に残る薬液を最小限にするシリンジ

外筒(バレル)と押子(プランジャー)の先端が精密な合わせになっているため、筒先に残る薬液を最後 まで押し出すことが可能です。高価な薬液を無駄にすることなくご使用いただけます。

ローデッドスペース設計

一般的なシリンジと比べ、外筒(バレル)と押子(プランジャー)の先端がデッドスペースを極小とする構造にしている為、薬液を最後まで押し出すことができ、筒先に残る薬液を最小限にすることが可能です。

ロックタイプ

針ルアーロックタイプのシリンジの為、粘度の 高い薬液(ヒアルロン酸等)をご使用の場合でも、接続部が外れることなく、安心してご使用いただけます。

手掛け(オプション)

外筒のフランジにより大きな手掛けを取り付けることが可能です。 より確実にシリンジを保持することができるため、操作性が向上します。

各部名称及び略図

標準提供サイズ